So-net無料ブログ作成
検索選択

「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は24日午後、鳩山由紀夫首相が表明した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設方針について、与党3党の政策合意に「反している」と述べ、容認できないとの立場を重ねて示した。安全保障会議に出席後、首相官邸で記者団に語った。
 福島氏は「新たな基地を造ることは沖縄県民の負担軽減にはならない」と強調。こうした社民党の立場について、「(首相に)以前も話しているし、またきちっと伝えたい」と述べた。福島氏は安保会議で首相と同席したが、普天間問題について話し合う機会はなかったという。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

波乱6番人気トーセンウィッチ戴冠…東京プリンセス賞(スポーツ報知)
今度は「麗子」像! 傾く=両さん壊されたばかり―東京・亀有(時事通信)
井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)
種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声(産経新聞)

<ビアガーデン>気温8.6度で夏気分 北海道・旭川(毎日新聞)

高速道無料化でCO2排出は減る? 増える(産経新聞)

 国土交通省と環境省は7日、6月から行う高速道路無料化実験に伴う二酸化炭素(CO2)排出量の増減に関する試算を公表した。国交省の試算では排出量が25万トン減少するのに対し、環境省は33万トンの増加としており、相反する結果が出た。

 ただ、いずれの場合も増減量は自動車など運輸部門の排出量全体の0.1%分程度にとどまり、両省は「CO2排出量全体に及ぼす影響はごくわずか」としている。

 両省の試算結果が異なったのは、無料化による自動車利用の増加予測などに幅があるためで、両省は社会実験を通じて検証を進める。6月からの高速道路の無料化は、首都高速道と阪神高速道などを除き、高速道路全体の18%に当たる1626キロで実施される予定。

【関連記事】
高速無料化の経済効果は1500億円 馬淵副大臣が発表
高速料金、実質値上げ? 割引サービスが次々消滅って
高速無料化案 「公約違反」8割、「無料化やめろ」も8割
都市部ドライバー必見! 首都圏&関西圏の高速無料化活用法
期待外れ…?高速道路無料化 マニフェスト違反の恐れ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

神奈川クリニック眼科が破産=レーシック大手、事業は譲渡−東京地裁(時事通信)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
<花自動車>電飾パレード…3日開幕「博多どんたく港祭り」(毎日新聞)
<坂本龍馬>橋下知事トップ イメージ最も近い政治家(毎日新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。